大量生産 Production

生産方法の比較
金型 スチール金型 アルミ金型
生産地 日本 日本
耐久性
(推奨ロット数量)

(1万個以上)

(数百~数千個)
金型製作期間
(目安)

(30日程度)

(10日程度)
形状の制限
(シボなど)
コスト  金型製作費
 成形単価
金型修正
(設計変更対応)
生産リードタイム
こんなお客様に
オススメ!
  • 大量生産したい
  • 国産をアピールしたい(品質)
  • とにかく早く欲しい
  • 小ロットでコストを抑えたい
デメリット
  • コストが比較的高い
  • 形状の制約がある
  • 金型の耐久性が弱い

※上記は目安です。様々な条件によって変化しますので、お気軽にお問い合わせください。

小ロット量産・・・とにかく早く!というご要望には、標準納期10日のアルミ金型成形をお勧めします
消費者ニーズの移り変わりが早い現代において柔軟・迅速に対応していくには、小ロット量産が最適です。
    こんな方におすすめです。
  • 少量でもいいから急ぎでほしい
  • 在庫は持ちたくない
  • 試しに売ってみて、後で改良したい
  • 初期予算があまりない
小ロット量産では、コストも安く、納期も早いアルミ金型を使用します。耐久性はスチール金型より劣るので1ロット数百個程度のニーズに最適です。
2次加工

製品名や社名の印刷、艶々で高級感のある塗装、メッキなど2次加工もご相談ください。

2次加工写真1 2字加工写真2

専用フォームからのお問い合わせはこちら